すみれ治療室

〒065-0014
北海道札幌市東区北14条東2丁目2-7
マンションユリ101

あん摩・マッサージ・指圧の相違点

3つとも手指で力学的刺激(押す・揉む・さするなど)を加えることで、体の変調を整え健康を増進させる
刺激療法ですが、手技方法と沿革に違いがあります。
あん摩は古代中国におこり、日本に渡来。奈良時代の文献には按摩の記載があります。
衣服の上から遠心性(中心→末梢)に経絡(ツボの道すじ)に沿って筋肉を揉む手技が主となります。

マッサージは古代ヨーロッパにおこり、明治時代にフランスから軍医により輸入された医療技術です。
皮膚に直接、オイル・パウダーなどの滑剤を用いて求心性(末梢→中心)に血液・リンパ液の循環を促すよう、
さする・揉む手技が主となります。

指圧は、あん摩・柔術の活法・アメリカの整体術(カイロプラクティックなど)を合わせて
大正時代に体系化されました。衣服の上から遠心性に反応点(いわゆるツボ)を押圧する手技が主となります。

一般的には、「マッサージ」という言葉は、あん摩・指圧を含めそして残念ながら無資格者においても、
体を手指で押す・揉む・さする等の行為として広義で使われていることが多いです。

すみれ治療室では、あん摩・マッサージ・指圧の各手技をお体の状態に合わせて使い分けております。


施術の様子
施術の様子
施術の様子
Copyright© 2013–2017 あん摩・マッサージ・指圧 すみれ治療室 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi